今朝になり続落

昨日、トルコリラが去がる可能性があると思われていましたが、
今朝になって下がりました。
一時28.7円台まで行きました。

今回の下げはトルコのみならず、全通貨で円高になりました。
これは、トルコの紛争の影響ではなく、
先週終わりからの、アメリカ株の続落から始まり、
そして昨日、日本も含めた世界株の続落の影響だといえるでしょう。

今日の東京のマーケット、および海外の株価の影響がどうなるかが注目されます。
さらに株が一気に下がれば、リスク回避への円買いがおこるかもしれません。
トルコリラも含め、買いでいかれるかたは、余裕のポジションで維持、
もしくは指値で買い待ちで構えておきましょう。

スポンサードリンク




来週(明日)の相場が気になります。

先週末ニューヨークダウが急落しましたが、
なぜか全体的に円安に動きました。
トルコリラも29円台回復しました。

今日2月4日(日)の記事で、クルド人勢力の女性が殺害されている動画が
アップされ、避難されている記事を見つけました。
殺害したと思われる組織は、シリアの反体制派のようです。
トルコはシリアの反体制派を支援していて、
ここ数週間前からクルド人勢力に攻撃をかけています。

今回のこの件で、トルコに対して何らかの制裁や、
テロ、紛争が大きくなりそうなら、
またトルコリラが暴落する可能性もあります。
明日、マーケットが動いた後の相場に注意しましょう。

スポンサードリンク



空爆の影響で

昨日トランプ大統領の教書演説や、
ユーロ諸国の景気の好感を受けてか、
全通貨で円安となりました。
トルコリラも29円台に回復しました。

しかし、先週から続くトルコのクルド人勢力への空爆で、
シリアにあるアインダラ神殿と呼ばれる古代の遺跡が、
破壊されてしまったようです。
それも遺跡の半分近くを失ったようです。

私はこの遺跡知らなかったのですが、
なんと今から3000年前建設された貴重な遺跡だったのです。
武力による紛争もいけませんが、貴重な文化財を破壊してはいけません。
とても残念ですね。
スポンサードリンク



少し円高に進みました。

先週トルコ軍がシリアのクルド人勢力に攻撃を加え、
戦闘状態となりました。
なので、かなり円高になると思ったのですが、
逆に円安に動きました。

しかし週を終え、昨日急に円高になってきました。
28円台後半を維持しています。
何かあったのでしょうか?
トルコはIS問題でアメリカと同盟関係でありましたが、
トルコはISを攻撃しているクルド人を認めず、
アメリカと対立しています。
そのため、アメリカとの亀裂がさらに大きくなるかもしれず、
そうなるとさらに円高になるかもしれません。
今後の動向に注視しましょう。

スポンサードリンク



ようこそ

今がチャンスだ安定収入では、
私が長年構築してきた安定収入の方法をご紹介しています。
と言いましても、私が毎月得ている収入は、
15000円~20000円だけです。
でもこれだけでも大変助かっています。

続きを読む →